Takeko先生優勝スピーチ。