« 2018年3月 | トップページ

2018年4月

2018年4月20日 (金)

GW期間中のゴルフレッスンについて

4月26日(木)の午前中のレッスンと個人レッスンはお休みです。
 
 夜のクラスは行います。
 
 
4月27日(金)の個人レッスンはお休みです。
 
 夜のクラスは行います。
 
 
4月28日(土)は いつも通りレッスンを行います。
 
 
4月30日(月)は 朝のレッスンと 午後の個人レッスンを行います。
 
 
5月1日(火)~5月4日(金)は いつも通りのレッスンを行います。
 
 
5月5日(土) 朝のクラスはいつも通りレッスンを行います。
 
 昼の個人レッスンはお休みです。
 
 夜のレッスンはお休みです。
 
 
 
 
なお、ゴールデンウィーク期間中、トヨタゴルフでは恒例の
 
カラーボール大会を開催しています。happy01
 
 
4月26日(木)~29日(日)は 第59回 中日クラウンズ 
 
今年は先週米国ツアーで初優勝した小平選手をはじめ、
 
昨年覇者の宮里優作選手、新選手会長になって戻ってきた
 
石川遼選手が出場するなど、話題の多い大会になりそうですね。
 
私は地元出身選手をしっかりと応援したいと思います。
 
 
男子プロのすごいショットheart01と、魔法のようなショートゲームshine
 
芸術的なパッティングsign03heart04を見てみたいですね。happy01
 
 
 
 

| | コメント (0)

2019年から大幅にゴルフルールが変わる!その2

ゴルフ規則が大幅に簡素化されることはご存知だと思いますが、
 
その中身は まだよくわからないという方も多いと思います。
 
 
そこで今回は、ドロップについてです。
 
その前に、flagゴルフプレーの大原則は何でしょう?
 
特に、ほかのスポーツと明らかに違う点は
 
競技中は 原則として審判員が立ち会わない runという点です。
 
 
ゴルフのプレーヤーは、
 
そもそも故意に不正を犯したり、ずるいことをしたり、
 
他のプレーヤーの邪魔をしたりすることがない誠実で
 
善良な人々であるheart04 ということを前提にして成り立っています。
 
 
今回のルール改定でドロップにおいても、
 
救済を受ける場合の処置の方法も、かなり簡素化されているのですが、
 
ルールの適用をゆるくする という意味ではありません。
 
 
むしろ、eye他者の監視の下ではなく、自己の責任において
 
誠実にプレーを進めることを強くプレーヤーに求めるものになっています。
 
 
 
それではドロップの方法についてです。
 
 
現在の規則は肩の高さからドロップしますが、
 
新しい規則では膝の高さからドロップすることになります。denimupdown
 
 
低い位置からドロップすることで、救済エリアの中に球を止めやすくなります。
 
救済エリアの外に転がり出て、再ドロップなどの さらなる処置を
 
避けることで、時間短縮に有効であるという見解です。
 
 
罰なしの救済(例えばカート道路からの救済)であっても、
 
罰ありの救済であっても、膝の高さからドロップした球は、
 
必ず最初に地面に落下させることが原則です。
 
 
地面に落下するより前に自分の体に触れてしまった場合は再ドロップです。
 
 
ただし偶然に球に触れてしまってもペナルティーはありません。
 
 
球が地面に落下後
 
偶然に弾んで体に触れてしまった場合もペナルティーはありません
 
球が救済エリアの中に止まった場合はインプレーとなり、
 
そこからあるがままにプレー続行となります。
 
 
救済エリアの外に出てしまった場合は再ドロップとなります。
 
 
ドロップした球がエリア内に止まったらインプレー
エリア外に出てしまったら再ドロップと覚えておくとよいでしょう。happy01
 
 
新ルールでは、どれくらい転がってしまったか などは問題ではなく、
 
エリア内に球が止まったか 外に出てしまったか が問題になります。
 
 
 
次回は 救済エリアについてです。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年4月18日 (水)

ゴルフルールが大幅に変わる!2019年から その1

みなさん ゴルフを楽しんでいますか?happy01
 
new世界のゴルフルールを決めている golfflag R&A と USGAが
 
2019年1月1日から施行される「新ゴルフルール」を発表しましたー
 
という情報はご存知ですよねcoldsweats02
 
(詳細はgolfJGA日本ゴルフ協会のページに公開されているので ぜひ、そちらをご覧ください)coldsweats02
 
 
さて、皆さんは
 
ゴルフルールって難しい・・・ coldsweats01
 
決まりごとが複雑すぎてややこしい・・・
 
ルールを厳密に適用していたら、かえってプレーに時間がかかり過ぎて遅くなる・・・
 
ゴルフ場でのプレーが長すぎる・・・
 
などを感じたことはありませんか?
 
 
このことは R&A と USGAも理解していて、世界的な問題として
 
新規ゴルファーの減少や、ゴルフ離れを起こしているのかもしれない・・・
 
という見解を持っており・・・
 
 
ならば、ゴルフのルールを決めている側が、
 
ゴルフの本質を変えないように、「ゴルフのルールを簡素化」して、
 
わかりやすく、多くの人に受け入れられやすく、
 
プレー進行のスピードアップにつなげていいけるようにしようー 
 
というのが、今回の大幅なルール変更の趣旨のようです。
 
 
でも正式には 2019年1月1日 からの適用ですから お間違いなく!!
 
 
そこで、今回のブログから、プレーヤーの側から見た主なルールの変更点を、何回かに分けて説明していきたいと思います。
 
まず、 
 
委員会はエチケットやゴルフゲームの精神に反する行為をしたプレーヤーに失格以外の罰、例えば1打や2打の罰を課す行動規範を作ることができます
 
 
つまり、ゴルファーとしての振る舞いに問題があるプレーヤー(著しくプレーが遅い、怒りにまかせてクラブを放り投げる等)に1打か2打の罰を課せるようにローカルルールを決めることができる、ということです。
 
振る舞いに問題がある(かもしれないcoldsweats01)プレーヤーは、今から自分のエチケットマナーを振り返ってみましょう。
 
 
次に、「ゴルフ用語」が変わり、解釈が変わるものについてです。
 
ゴルフコースの「エリア」の名称です。
 
・ティーインググランド
 ⇒ ティーイングエリアになります。
 
 
・スルーザグリーン(現にプレーしているコース内のハザード・グリーン・ティーインググランドを除いた区域のすべて、つまりフェアウエーとラフを合わせた区域)については
 
 ⇒ ジェネラルエリア になります。
 
 
バンカー  (変わらず)
 
 
・ウォーターハザード ・ ラテラルウォーターハザード(池や川)は
 
 ⇒ ペナルティーエリア になります。
 
 
パッティンググリーン  (変わらず)
 
 
まとめると、コースは5つのエリア
 
①ティーイングエリア ②ジェネラルエリア ③バンカー ④ペナルティーエリア ⑤パッティンググリーン
 
によって構成されることになります。
 
 
その他の名称では
 
救済エリア  (新設)
 
ドロップエリア などです。(ドロップについては次回説明します)
 
 
その他の変更点は
 
距離計測器の使用が認められます
 
2点間の距離を計測することができます
 
 
しかし、高低差、風向きなど他のプレーに影響する要素を計測することはできません。
 
光学式の測定器でもGPS式の計測器でも音声で知らせるものでも良いようです。
 
ただし、高低差fuji風向きや強さtyphoonflagを測定するものは不可です。
 
 
このルールによって、距離によってクラブを選択して きちんと打てる人には
 
ありがたいルールのようです。
 
 
 
新しい「ルールブック」は 今年の11月ごろに発売されるようです。
 
 
 
「プレー進行のスピードアップにプレーヤーも協力してほしい」
 
ということが、ルール変更の柱だということがわかります。
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

休校のお知らせ 4/16

休校のお知らせです。
 
4月16日(月)は終日 休校です。
 
4月17日(火)は、個人レッスンお休み します。happy01
 
 
その他の日は通常通り行なっています。
 
GW期間中も休まずスクールを行う予定です。
 
どうぞお越しください。
 
 
急遽変更の場合は、また、お知らせいたします。happy01
 
 
 
 

| | コメント (0)

マスターズも終了しましたよ

今年のマスターズもflag すごいゲームでしたね。
 
さて、未来の名手たちgolfは、この先どんなゴルフを見せてくれるのでしょうhappy01
 
4月から レッスンの時間割が、一部変わります。
 
 
■月曜日は 
 
・朝の10:45のクラスを行います。
 
・午後からの個人レッスン(14:00~)を行います。
 
・月曜・夜のクラス(19:00~)は行いません。
 
・夜19時のクラスは
 
 火曜日木曜日金曜日土曜日に行います。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ