« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

大山志保ちゃんに会いました

先日4月29日(火)、名古屋松坂屋クラウンズフェアーのイベントに大山志保プロが来場されました。

志保ちゃん曰く

大山選手とか大山プロと呼ばれるよりも、
『志保ちゃん』と呼んでもらった方がテンション上がるし、うれしい・・・・・そうですよ。

みなさんも『志保ちゃ~ん』て声援をおくってあげて下さい。

Img01201small  

 

 

 

◆さて今回のイベントでは、Takeko先生が、3名だけが選ばれる抽選に当たり、志保ちゃんのレッスンを受けちゃったのです!!

最高にラッキーsign03

周りを、たくさんのギャラリーに囲まれて、2006年賞金女王はどんなアドバイスをするのか、固唾を呑んで見守っていました。

レッスン開始!

パシーン、パシーン・・・・・緊張~coldsweats01、パシーン・・・・

志保ちゃんhappy01・・・
「上手ですね。スイングいいですね。アドレス・構えもいいですし、どこも直すところが無いくらいいいですよ。トップのところもいいですし、私も見習いたいくらいです。」happy01

と、褒めること褒めること・・・

志保ちゃん褒め上手sign01

Takeko先生は気持ち良くなってupナイスショット連発happy01

握手で気持ち良く終了。

大興奮のレッスンだったようです。

その後の抽選会でもサイン色紙やサイン入りグッズまでゲット!

大満足の一日でした。

 

つづく・・・・・

にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2008年4月28日 (月)

レッスン ポイント57

気持ちの持ち様で、そんなにゴルフが変わる?!

◆キャプテン浜井です。

ゴルフはメンタルスポーツだとよく言われますが、それはどういうことなのか、ということを本当に突き詰めて考え、そして実践している人どれだけいるでしょうか。

あなたはひょっとして「解っているんだけど、なかなか出来ないんだよねぇ~」とか言ってませんか。

練習場ではすばらしいショットを放ち、周りの人からもナイスショット!と声をかけられるほどいい弾道の球を打つ人が・・・・

いよいよコンペ!

はやる気持ちを抑えて、いざコースへ!

で、コースではメロメロで、くしゃくしゃで、ガックリしてションボリと帰って行く・・・・・

なんていう人を何百人も見てきました。

そのほとんど人が、コースでプレーする時の気持ちの持ちようが、前向きでなく、ちょっとしたことに影響されて、すぐ後ろ向きに考えたり、余分なこと(マイナスのこと)イメージしたり、自信を失ったりしているようです。

何とも言えぬ恐怖感に襲われ、自分自身を見失って何をどうしていいかわからなくなっていたり、その上、プレーを急がされて焦ってミスを連発・・・・・

悲惨な結果になるのは明らかです。スコアを数える前にすでに大叩きになることは目に見えています。

 

◆さてどうすればいいのでしょう・・・・・

練習あるのみ!

と一言で片付くなら簡単ですが、どうもそうではないようです。

では、修行を積んで精神修養でも・・・・・

それも少し違うようです。

 

自分を信じること

自分の打った球は、必ずフェアウェーの真ん中に行く!

球が空中を飛ぼうが、地面を転がろうが、斜面や木に当って横に弾もうが、そんなことはどうでも良い。

とにかく真ん中に行くに決まっている!

と信じてやることです。

 

結果は・・・・時の運!

良くても悪くても受け入れる。

悪けりゃ「大したことない」と開き直り、いいときは「よし!いいぞ」と自分を褒める。

この単純な心理の変化がゴルフの内容を劇的に変えるのです。

私は何度もその瞬間を目撃してきました。

気持ちしだいでゴルフが変わるというのは本当です。

ただし!

練習しないで、心だけ強くしようと思っても、それだけで上手になることはない!

と言うのも事実です。

 

 にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へにほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ

 

 

 

 

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

レッスン ポイント56

別人27号?

それ28号でしょって、突っ込みを入れられそうですが・・・

◆キャプテン浜井です。

素振りはいいけどボールを目の前にすると・・・

練習中、素振りと、実際にボールを打つときが、あまりにも違うスイングをしている人を見かけたので、古~いおやじギャグで
『まるで別人28号ですよ』
と軽いジョークを言って笑わせようとしたら・・・

すぐ後ろの打席で練習していたご婦人が、

『そうそう私もよー。私も別人27号になっちゃうのよね~。』

『・・・・・』

『・・・・・』

『それ28号でしょって、ていうか、うける!』で一同大笑い。

 

 

◆別人にならないために・・・

素振り練習をたくさんしましょう。

ボールを打たない方がいいです。

素振りでは・・・

テンポが速くならないように

1-2-3-フィニッシュ!

リズム良く、気持ちよく振りましょう。

リズムが安定したら、そのリズム・フィーリングを壊さない内に1球だけ打ってみましょう。

ボールの行く先など気にしないことです。

正しくバランスよく構えたら後は振るだけ。

当るかなとか、飛ばしたいとか、手とか足とか肘がどうとか腰はどうとか考えないことです。

考え過ぎはリズムを壊すだけです。

数十回気持ちよく振れたら、別人でなくなってくるでしょう。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へにほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

| | コメント (0)

2008年4月15日 (火)

レッスン ポイント55

ジュニアゴルフから学ぶこと

◆キャプテン浜井です。

ゴルフのレッスンをしていると様々なエピソードに出会います。

とくにジュニアゴルフはエピソードの宝庫です。

4217729419

少年少女たちの何気ない素朴な質問には、こちらをハッとさせる
ゴルフの核心をついていることが多々あるのです。

 

(小6男子Jの質問) 先生、あのー・・・・

(私) 何だい?

(J) お父さんから『お前は手で打ってる』って言われるんですけど、僕がクラブで打ってるときに『手で打ってる』っていつも言われるけど、どういうことですか?

(私)それはいい質問だ!

君の言うとおり、クラブでボールを打っているね。

手でボールを打ってるわけじゃないよね。

お父さんの言っていることはね・・・・・

 

力みのせいで、腕力だけで振っているね。

体の動き・足腰肩が止まってしまって、スイングがメチャクチャになっているんだ。

力まずに、大きな円を描くように、

クラブを大きく振ってごらん。

(J)(ビュ~ン)

(私)それでいいんだよ。

(J)わかった!

 

この少年のお父さんの熱心な指導法が目に浮かぶようですが、
大人は自分がわかっていても、それを誰かに(とくに子供に)伝えるのは難しいのだ・・・・・ということを感じさせる出来事でした。

 

私のレッスンは、ジュニアのおかげで、短いフレーズで判りやすく伝える技術を磨いているようなものです。

 

小学生に伝えることが出来れば、ほとんどの大人に伝えられる・・・かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

レッスン ポイント54 桜も満開…

◆キャプテン浜井です。
  久々の更新でーす。

みなさーん、ゴルフの調子はどうですか・・・

happy01upですか・・・それともbearingdownですか?

トヨタゴルフは今、桜が満開です。

P4030121s_2  

みなさんのゴルフも満開目指してがんばりましょう。

 

 季節がよくなると体も動きやすくなるし、気持ちも前向きになってきますよね。

P4030120s_2 

仕事も忙しくなってきますが、やる気(sign02)もわいてきますね。

練習場で待ってますよ。楽しく練習しましょう。

 

ここで練習のヒントsign03です。

one構えは歪んでいませんか。

twoグリップや腕や肩に、力が入り過ぎていませんか。

threeスイングのテンポ・リズムが速くなり過ぎていませんか。

 

まず、この3点に絞って確認してみましょう。

練習を始めれば、しだいに過去に受けたアドバイス・チェックポイントを、いろいろと思い出すことでしょう。

でもね、受けたアドバイスを一度に全部やろうとしても、上手くいきませんよ。

人は、一度に三つ以上の事は出来ないものなのです。

あせらず、素振りで地面をシュッと擦ってみましょう。

ある程度のことは、その音を聞くだけで判断できますよ。

止めながら型ばかりを確認するよりも、振ることsign03の方が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »