« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月20日 (木)

レッスン ポイント53

3年目に入りました

  

◆キャプテン浜井です。

お陰様で、3月20日 トヨタゴルフでレッスンを始めて満2年になりました!birthday

いよいよ3年目に入りますsign03

オン・ザ・グリーンも軌道に乗り、多くの方にレッスンを通じて、練習を楽しくするお手伝いをさせて頂いてます。

  

オンコースレッスン開催!

今年度からは、オンコースレッスンflagも本格的に実施します。

すでにお申し込み済みの会員の皆様は、健康に注意して、参加の準備をしましょう。

まだお申し込みでない方は、参加に向けてスケジュール調整をして見てはいかがでしょうか。

練習場だけでは覚えられないことが、ゴルフ場ではたくさん起こります。

コース上で実践的に学んでいくことが大切です。

何よりゴルフ場でのプレーはワクワクhappy01 ドキドキcoldsweats01 して楽しいですよ。

 

オンコースレッスンの詳細については、レッスンの時に直接お尋ね下さい。 

 

 

 

 

  

| | コメント (0)

2008年3月 7日 (金)

レッスン ポイント52

◆キャプテン浜井です。

3月になると、日中は暖かくなってきましたが、夜はまだ寒い日が多いです。

でも、もうすぐ春本番happy01
女子プロの試合も今週から始まりましたね。
またflagゴルフをしたくなる季節です。

新しいgolfクラブを手に入れた人なら、なおさらですね。
そういう私も、フジクラのシャフト(ランバックス・Zシリーズ)のついたドライバーを手に入れました。
何と1ヶ月待ちだったんですよbearing
待たされただけあって、とても良いフィーリングです。
色やデザインも気に入ってますup

前回まで道具のことを書きましたが、やはりテクノロジーの進歩はすばらしいと思います。

でも、どんなにテクノロジーが進化しても、スイング理論が発展しても、ゴルフのプレーが思い通りになるわけではありませんね。

それは【人間】が行なうスポーツだからです。

人の感情】をコントロールするのは簡単ではありません。

しかも【自然】やコースの状況にも影響を受けるため、さらに思い通りにならないのです。

【運】にも左右されます。

でもゴルフは楽しいのです。

何ででしょうねぇ。

不思議なスポーツです。

単なるスポーツではないから、奥深さがあり、難しさがあり、楽しさがあるのでしょう。

その楽しさを求めて、また練習です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2008年3月 1日 (土)

レッスン ポイント51 クラブ4

◆キャプテン浜井です。
いよいよ3月です。sun
とはいえまだまだ寒い日もありそうですが、春はもうすぐそこに来ているようです。happy01
でも花粉はいやですねcloud

【クラブの重さ・バランス】
ヘッドが最も大きく、シャフトが最も長いクラブと言えばドライバーですね。
パター以外で、シャフトが最も短いのはSW(サンドウェッジ)ですね。
さてここで問題です。
ドライバーとSW、総重量が重いのはどっちでしょうか?
正解は、SWです。

見た目にはドライバーの方が重そうですが、実際には短いクラブほど総重量が重くなっています
クラブの重さ・バランスは、スイングフィーリングに影響します。
同じ長さ・同じ総重量でも、ヘッド重く、グリップ軽いクラブは、スイングしたとき重く感じます

ちなみにクラブを逆さまに持ち替えて振ってみると驚くほど軽くて、上手く振れないことに気付くと思います。

このスイングフィーリングに近い数値を標準化して記号化したのがバランスと呼ばれるものです。
C8 とか D1 とかのあの記号です。
A から F にかけて重くなり、さらにそれぞれ重くなるにつれてに細かく分けられています。

通常、女性用だと B6 ぐらいから C6 ぐらいまでで、それより重いDバランスでは重過ぎます
男性用だと C6 ぐらいから D4 ぐらいが適正と言われています。

みなさんは自分の使っているクラブのバランスをご存知ですか?

アイアンセットはすべて総重量も長さも違うのに、振ってみると同じようなフィーリング・重さを感じるのは、このバランスを統一しているからなのです。

そんなの全然知らずに使っている人いませんか。

総重量とバランスがその人の体力に合っていないのに無理して振っている人、意外と多いですよ。
また、メーカーによってマチマチです。
一度測定してみてはいかがでしょうか。

トヨタゴルフに測定装置がありますよ。

合っているならクラブに問題なし・・・・・・・かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »