« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月21日 (日)

レッスン ポイント40

◆キャプテン浜井です。
秋はおいしい物がいっぱいですね。
いくらおいしいからと言っても過剰はいけませんよ。食べ過ぎ注意!もちろん飲み過ぎにもね。

過剰といえばゴルフでも
『意識の過剰』という問題
が存在します。
レッスンのとき『気楽に振りましょう』とアドバイスすることが多くあります。
何も意識しないわけではなくて、何か一つか二つポイントを意識している方がいい場合があります。
ところが、上手く打てていない(スイングできていない)人の多くは、自分の中でのポイントが多過ぎて、それを自分の中で消化しきれていないままに、また次のポイントを指摘されてさらに混乱、ますます打てなくなってしまい・・・・残念・・・・・という方がいらっしゃいます。
そういう経験がある人は、実は何も意識しないで振る方が上手くスイング(ボールをヒット)できる場合がよくあります。
今までそういう人をたくさん見てきました。

『あの人、素振りはいいんだよね・・・・』とか、『ボールを目の前にすると別人なんだよなあ・・・・』と、ささやいてる人も、実は『素振りはいいけど本番はサッパリ・・・・・』とボヤいていたりするものです。

この、ボールを見るとどうしても力んでしまうという現象は、かなり多くのアマチュアゴルファーに起こることであり、あなただけが特別なのではありません。
自分では気付かなくても、心の奥底で様々な葛藤が渦巻いているあらわれなのです。
もっとちゃんとボールに当てたい、もっと遠くへ飛ばしたい、ゴロはいやだ、高くボールを上げたい、スライスしないようにしたい・・・・などなど。例を上げたらキリがないほど・・・・そのほとんどが欲望です。人間ですから。(良い言い方に変えるなら『向上心』でしょうか)

どうすればいいのか?
実は、完全なる回答はないようです。
しかし、いくつかの経験則は存在します
呼吸法とリラックス、肩の力を抜き、
スローモーションで振ったり、
反対にものすごく速く振ったり、
グリップを握る圧力を変えてみたり、
ボールを見ないで目標だけに集中してみたり、
・・・・いろいろです。
結局、この問題は、自分自身で解決し、乗り越えていくしかないようです。

所詮ゴルフは遊びです。
失敗しても命を落とすわけではありません。
そう、いい意味での開き直りですね
なげやりではありませんよ!)

ここでもやっぱり、ポイント39の『楽・喜』が大切です。

| | コメント (0)

2007年10月11日 (木)

レッスン ポイント39

◆キャプテン浜井です。

ゴルフシーズン真っただ中!
ていう感じでゴルフを楽しんでる人も、今週も残業でゴルフできないよーっていう人も、外で秋の空気を吸ってみましょう。
結構気持ちいいですよ。
最近は、車の運転中は窓を開けるようにしています。
郊外の車の少ない通りでは、かなり気持ちいいですよ。

さて、気持ちのいい練習していますか。
不機嫌な練習していませんか。
練習は自分なりのテーマを持って取り組みましょう。

ところで、うまく当たらないからといって、ムキになってガンガン打ち続けたり、逆に、くよくよしたり、ガッカリしてやる気を失ったりしていませんか。
どちらも良い練習とはいえません。

ゴルフほど自分の思い通りにはならないスポーツは他に無いと言われます。
上達のスピードも、人によって様々です。
でもあきらめないで継続する人は、必ず上達します。
そう、『継続こそ最大の力』なのです。
目先のナイスショットも気持ちいいですが、連続してナイスショットが打てるようになっている自分をイメージすることも気持ちいいですよ。
間違ってもミスしてガッカリしている自分をイメージしてはいけません。
上手く打てている自分をイメージし続けることが大切なのです。
結果は「単なる結果」として受け止めればいいのです。

喜怒哀楽ではなく、怒と哀は無視して『楽・喜』(ラッキー)で行きましょう。

| | コメント (0)

2007年10月 1日 (月)

ビジェガスとハニカミ王子を見ました!

金曜日に三好CCで行なわれた『コカコーラ東海クラシック』を見に行ってきました。
予選2日目の平日にもかかわらず、昨年をはるかに上回る多くのギャラリーが訪れていました。
ついてまわったのでは見れないと思い、9番のグリーン近くで待つことにしました。
この作戦大当たりでした。次々と有名プロがやってきては素晴らしいプレーを見ることが出来ました。

Cビジェガスが、グリーン外の傾斜のきつい深いラフからのアプローチを、見事に寄せてパーセーブしたときにはホントに上手い!と、うなってしまいました。
『ハニカミ王子』もよく健闘していたと思います。スイングもきれいだし、結構パワフルだし、
あのニコニコしながらギャラリーの声援にこたえている姿に、心を引き付けられてしまった人は多いでしょう。やはり一番輝いていたような気がします。
一緒にラウンドしていたもう一人のHプロは暗かったなあ。
やっぱり明るくニコニコしている方がいい。

よーし、帰ったらまた練習だー!
ハニカミー・ショーット!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »