« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月28日 (火)

レッスン ポイント37

7番は打てるのに5番が当らない!?

◆キャプテン浜井です。

ポイント36では、『クラブの長さなりに振る』ことを話しましたが、『7番で打っても、6番で打っても、5番で打っても全部距離が一緒なんですよ (T_T) 』と、悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

そういう方に共通しているのは、構えた時のバランスが不安定です。構えのエラーが原因になっていることがほとんどです。
足の裏のバランスを考えながら構えをチェックしましょう。

もう一つは『意識の過剰』が原因です。
5番だから飛ばさなきゃ・・・
5番は苦手なんだよな・・・
5番で上手く当ったためしがない・・・
などなど
ほとんど上手く打てた『記憶』が無いのです。正確に言うと『経験』はあったかもしれないのに『記憶』が少ないのです。
だから『自信』を持てずに、萎縮したり、力んだりしてミスを重ねてしまうのです。

5番を7番だと思って振ってごらん

とアドバイスして気楽に振らせたら、意外と簡単に当ってしまう人が多くいます。
『7番が打てる』ということは『5番も打てる可能性は多いにある』と前向きに考えましょう。

当らないと嘆くよりも、当るかもしれないと考える方が楽しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

厳しい残暑・・・ でも元気です

◆キャプテン浜井です。
暑い日がまだまだ続きますが、お元気ですか。
夏休み期間中にゴルフに行かれた方も多いことでしょう。
調子はいかがでしたか。
えっ? 聞かないで・・・  という人も
自己ベストが出ましたー!   という人も
またこれから頑張りましょう。

今朝のレッスンにお見えになった会員の方の話です。
ゴルフの話しではないのですが、『地区の商店街の大売り出し抽選会で、なんと1等賞が当たりましたー!! 』とニコニコで興奮気味に話して下さいました。
朝、出かける前に『私、きょう、1等賞が当たるような気がする』とリアルな予感があったそうです。さらに『当たったようー』って次の次に並んでいた人にハイタッチしたら、その人に今度は旅行券が当たったそうです。
当たる人は当たるんですね。
私たちもパワーと元気を頂きました。

元気な人に当たるのか、当たったから元気なのか・・・
この方はいつもお元気です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

レッスン ポイント36

◆キャプテン浜井です。
お盆休み期間中もレッスンはありますよーっ!
日頃忙しくてこれなかった人、一緒に集中練習しませんか。
待ってますよー。

シャフトの長さなりに振る
スイングの軸が安定してフォームもそれなりに良くなってきたのに、まだまだ、トップとダフのミスショットを繰り返す人はいませんか。
また、アイアンはいいのにドライバーがさっぱり駄目とか、その逆の人も多いことでしょう。
それはクラブの長さなりに振るという意識が少し足らないのかもしれません。

Jy_7i_dl_ds Jy_7i_dl_impuct_2
Jy_1w_dl_ds Jy_1w_dl_impuct  

 ○○○ショートアイアンとドライバーとではクラブの長さがかなり違います。インパクトの瞬間のシャフトの傾きが違うことは写真の赤線からお解かりでしょうか。
クラブを振り下ろす時にこの線に沿って振り下ろせば正確なインパクトが実現できます。
スイング軸が安定しているのに、トップ空振りそしてシャンクになるのは、クラブを倒し(横に寝かせ)過ぎ振り下ろすからなのです
反対に、体が上下動をしている訳ではないのに、地面を強く叩いたり、突き刺すように穴を掘ったりという大ダフりになるのは、上から振り下ろすクラブが写真の赤い線よりかなり上から縦に振り下ろした時に起こるミスショットです。

一本のクラブだけでスイングを固める練習をしている人は、このエラーにハマリやすいです。その一本のクラブの長さだけに体が慣れてしい、他の長さに違和感を感じてしまうからなのです。
トップまたはダフが止まらなくなった時は、長さの違うクラブを様々に練習して長さなりに振り下ろす感覚を取り戻すことです。

練習場の素振りでマットを擦る音を聞いていれば、その日の自分は長いクラブに合っているのか、短いクラブに合っているのか判断できるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »