« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

レッスン ポイント22

◆キャプテン浜井です。暖冬でも夜はまだまだ冷え込みます。寒さ対策をして練習しましょう。

ダウンスイング

◆トップから切り返し、ダウンスイングに入る時のポイントは、いかにクラブの遠心力と慣性力を効率よく利用するかにかかっています。こう書くと難しいように感じますが、そうではありません。次の点に気をつければ意外とうまくスイングできるのです。

スイングプレーン(シャフトプレーン)

Jy7i_setup01_1 Jy7i_top01_1

写真のようにセットアップの姿勢で、シャフトの傾きの斜めの線を引き、自分を中心とした円盤を想像して下さい。その面をシャフトプレーンと呼ぶことにしましょう。

Jy7i_top01_down34_2 Jy7i_top01_downsq_position_1

トップからダウンスイングにかけてこのシャフトプレーンに近づくようにスイングすることを意識するのです。

実は、バックスイングがプレーンからはずれトップで変な格好になっていても、ダウンでクラブをプレーンに近づけてスイングすると、きちんとボールをヒットできるのです。個性的な(といえば聞こえはいいですがが、いわゆる変な)スイングでも、ダウンスイング時にプレーンに乗ってさえいれば、とりあえず目標方向にボールを打ち出せるのです。(効率は悪いですが・・・)

スイングプレーン(シャフトプレーン)に乗るように少し意識して練習してみましょう。全く考えないよりは、効果があります。素振りだけでなく、ボールを打ちながらでもイメージして練習してみましょう。

中嶋流ドライバーショット再生塾―日本タイトル8冠王 中嶋流ドライバーショット再生塾―日本タイトル8冠王

著者:中嶋 常幸
販売元:学研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

レッスン ポイント21

◆キャプテン浜井です。皆さんお元気ですか。

トップからダウンスイングへの

『切り返し』

◆ポイント20で『トップ』の状態の話しをしましたが、トップからダウンスイングへ切り替わる時、気をつけることは・・・・

特に、理解して欲しいのは、トップからダウンスイングへ移行する部分は、決して手先から動かし始めるのではないということ。かといって下半身だけを先行させる訳でもないということ・・・2・3の動作を同時に行なう必要がある場所です。詳しいことは現場で(練習場で)説明します。

ここでは、写真で一般的なことだけをお話しします。 

Od_f_setuptop

Od_f_setuptopdown

Od_f_setuptopdown02

トップに至るまで右サイド(右脚)でしっかり支え、クラブを引きおろす直前に左サイドへウェートをシフト(左腰を少し左側へスライド)し、下半身のリードによって腕・クラブを引きおろしていく動作です。このとき、頭は元の位置のまま、その場を動かないように我慢する動作が必要です。安易に左側に動いたりボールに近づいたり、伸び上がったりしてはいけません。もちろん、クラブはスイングプレーン上にあるのが理想です。

◆ドリル『トップから切り返しの動作だけをスローで行なってみましょう』

切り返しでの『シフトしていく感覚』が多少つかめるかもしれません。出来る人は考えずにすぐに出来る人もいますが・・・。あまり完璧を求めない方がよいでしょう。とても難しいと感じる人が多いからです。この部分は、感覚や感性が優先するので、出来ない人の方が多いようです。

できないからと言って悲観することはありません。プロゴルファーだって完璧な人はごく少数なのですから。でも、実現できた人は飛ばし屋になっているようです。飛ばないプロは出来ていないことが多いようです。その分、小技を磨いてスコア向上を目指しているのです。

当たり前にできる人

意識すればすぐにできるようになる人

意識するだけでは簡単には出来ないけど、何度も繰り返す内にできるようになる人

矯正ドリルを何度も繰り返さないと、なかなかできない人など・・・・様々な人がいて、指導する側にも忍耐力がいる・・・・それが『切り返し』部分です。

中嶋流ドライバーショット再生塾―日本タイトル8冠王 Book 中嶋流ドライバーショット再生塾―日本タイトル8冠王

著者:中嶋 常幸
販売元:学研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

レッスン ポイント20

◆キャプテン浜井です。

真冬の練習はとても寒いですが、ホッカイロなどで工夫すると意外と上手く練習できるものですね。みなさんはいかがでしょうか。

トップ・オブ・スイング(トップ)

◆さて、レッスンの再開です。今回はクラブをバックスイングからダウンスイングへと切り返すポイント『トップオブスイング』(単にトップとも言います)についてです。

Od_f_top02 バックスイングで上半身を十分に捻り左肩があごの下まで回りこみ両手を高く上げクラブを正しくホールドしシャフトはスイングプレーン上で目標方向を指しフェースをスクエアに保つために左右の肘と手首を適正な角度に保ちウェートを右脚内側でしっかりと受け止め、今まさにダウンスイングを開始しようとする直前の場所です。

Od_f_top03 ざっとポイントを並べただけでもこんなにたくさんあるわけですから、頭の中で全部をチェックしていたらとても実現できるものではありません。

鏡を利用したり、ビデオカメラで撮影してみたり、コーチに見てもらうなどしてチェックして行くしかないのですが、ポイントは1つか2つに絞って練習しましょう。Od_f_top04

ただし、トップをチェックする時は止まりながら行ないますから、ボールは打たないことです。素振りにしましょう。

少し苦しくても、初めの内は多少違和感があっても、徐々に慣れてきます。

違和感なくトップのポジションを形成できるようになると、スイングの美しさとパワフルさと安定感が格段に向上するのです。

チェックする時はボールを打ってはいけませんよ!

中嶋流ドライバーショット再生塾―日本タイトル8冠王 Book 中嶋流ドライバーショット再生塾―日本タイトル8冠王

著者:中嶋 常幸
販売元:学研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い致します

◆キャプテン浜井です。

年の初めの恒例の【今年の目標】を設定しましょう。

何でもいいから、自分の意思で目標を決めましょう。さらに、その目標を『達成できた時の自分』を想像してみましょう。前向きの気分になれた人は、目標達成が近づきますよ。

◆お正月番組に飽きた人は下の本でも読んでみませんか。

ゴルフレッスンの神様ハーヴィー・ペニックのレッド・ブック ゴルフレッスンの神様ハーヴィー・ペニックのレッド・ブック

著者:ハーヴィー ペニック,バド シュレイク
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

中嶋流ドライバーショット再生塾―日本タイトル8冠王 中嶋流ドライバーショット再生塾―日本タイトル8冠王

著者:中嶋 常幸
販売元:学研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ゴルファー最強のローリングストレッチ―飛ぶ!疲れない! ゴルファー最強のローリングストレッチ―飛ぶ!疲れない!

著者:山本 忠雄
販売元:実業之日本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

女子プロに学ぶゴルフまだまだ上達レッスンブック 女子プロに学ぶゴルフまだまだ上達レッスンブック

販売元:実業之日本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book マスターズを創った男―球聖ボビー・ジョーンズ物語

著者:杉山 通敬
販売元:廣済堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もっと深く、もっと楽しく。―アマチュアのためのゴルフ聖書(バイブル) もっと深く、もっと楽しく。―アマチュアのためのゴルフ聖書(バイブル)

著者:中部 銀次郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

中部銀次郎 ゴルフの神髄―新編もっと深く、もっと楽しく 中部銀次郎 ゴルフの神髄―新編もっと深く、もっと楽しく

著者:中部 銀次郎
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ゴルフの大事 ゴルフの大事

著者:中部 銀次郎,三好 徹
販売元:ゴルフダイジェスト社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

わかったと思うな―中部銀次郎ラストメッセージ わかったと思うな―中部銀次郎ラストメッセージ

著者:中部 銀次郎
販売元:ゴルフダイジェスト社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »