« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

試打会レポート

◆キャプテン浜井です。

昨日、ヒマラヤゴルフ主催の16メーカーの大試打会がトヨタゴルフで開催されました。もちろん私もたくさん試打してきましたよ。いくつか気になるモデルもありました。あくまで私個人の使用感で、すべての人に当てはまるわけではありませんのでご了承下さい。

私なりにいい感じだったのがキャロウェイのERCⅢ、ヨネックスのサイバースターNANO V、クルーズのドライバーかな。まあまあだったのがタイトリスト、ゼクシオ、ナイキ、ブリヂストンツアーステージ、プロギア、ヤマハ・・・・・。ちょっと期待はずれだったのが、スリクソンZR-600、テーラーメイド・・・・・・。

最近のクラブは(特にドライバーは)とても良く出来ています。性能は3~4年前のものに比べても非常に向上しています。一時期、フェースの性能が高反発でルール違反だ・低反発はどうだ・とかいうことが話題になりましたが、そんな話題そのものが過去のものとなりました。低反発のものでも3年前の高反発のモデルより確実によく飛ぶようになっています。

私がドライバーで最も重要視しているのが、ヘッドの形状と構えた時のクラブフェースの向きです。フェースがねじれて見えていないかを重要視しています。フェースに描かれている線(スコアリングライン)の見え方にも神経を使います。性能はいいのだけれど、この線の入れ方とフェースのねじれ過ぎが×なのがスリクソンZR-600です。最も期待していただけに、はっきり言ってがっかりです。

性能はどうということはないけど、美しさという点ではタイトリストが一番です。意外と良かったのがクルーズのドライバーです。今どきのデカいヘッドのドライバーの中では、小ぶりなヘッドですが、私の感性にググッとくる美しさがありました。上級者の方でデカヘッドにうんざりしている人にはとてもいいかもしれません。

飛距離性能、ヘッドの形状、シャフトとのマッチング、打球感、音などの総合評価で最高ポイントなのはキャロウェイERCⅢでした。シャフトによって弾道がかなり変わります。フィーリングも違います。試打して決めた方がいいですね。私が気に入ったシャフトはディアマナの青です。ちょっと欲しくなってしまいました。

ところで、プロゴルファーが「クラブを構えた時の『安心感』がある」とか「いまいち無い」とかいいますが、これは自分の感性に合ったデザイン・形状・色であり、フェースの向きから自分の球筋をすぐにイメージしやすい(特にナイスショットをイメージしやすい)クラブかどうかということなのです。賞金をかけて戦う彼ら彼女らにとってこの『安心感』はクラブの性能そのものよりも、大事なことなのです。

実は、私はアマチュアこそこの『安心感』にこだわって欲しいと思っています。プロと違い、ミスヒットの多いゴルファーにとって性能が良くてスイートエリアが広くてよく飛ぶクラブは魅力的ですね。でも、本当にクラブ選びで大事なのは、ナイスショットの予感( がするような気がするだけでもいい )が何となくわいて来るクラブかどうかの方が重要な要素なのです。しかも実際に大ミスショットは減るのです。クラブから伝わってくるメンタル的な要素はゴルフゲームの中ではとても重要なことなのです。

ミスショットの記憶しかないクラブは、コースに連れて行かず自宅待機です。

当る気がしないクラブでは、初めから当りはしないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

16メーカー大試打会

◆キャプテン浜井です。

皆さんお元気ですか。

10月29日(日)【大試打会】の日です。ヒマラヤゴルフ主催のイベントです。

有名ゴルフ用品メーカーの新製品が無料で試打出来るチャンスです。もちろん私も試打する予定です。どのクラブがどんな感じだったかをレポートしてみようかなーと思っています。

私の主観(感想)よりも皆さん自身で感じることの方が大切だと思いますが、少しの参考にはなるでしょう・・・・?

ということで、トヨタゴルフで待っています。

開催時間【11:00~18:00】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

久々更新でーす

◆キャプテン浜井です。

いろいろ忙しくてちょっと更新してませんでしたが、また頑張ってみようと思っています。

◆さて、ゴルフをするには今が最高の季節です。ほとんどのスポーツが18℃~22℃くらいの気温の時、快適に感じるそうです。今がまさにその季節です。さあ、また、ゴルフの練習に出かけましょう。

◆半袖か、長袖か、迷った時は半袖シャツの上に、薄手の長袖の物を羽織るとよいでしょう。ゴルフの練習をすれば、すぐに熱く(いろんな意味で熱く?!)なるでしょうから、体温調節が出来るように気をつけると快適に練習できるでしょう。

◆練習場で待ってまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »