2018年8月 8日 (水)

感覚はどうなってる!?

名古屋市でsun40℃を超えた日、
 
スポーツドリンク売り切れsign03 のお店が続出wobbly
 
 
さすがに運動するには危険な気温だったので、
 
午後の個人レッスンは中止にしたほどです。
 
 
まだまだ豊田市も暑い日が続いているcoldsweats02sweat01けど、
 
34℃だと少し しのぎやすく感じるし、
 
30℃だとpenguin涼しく感じてしまうなんて どうかしてるかな?
 
 
golfスクールのレッスンは、お盆の期間も
 
ほぼ いつも通り行う予定です。
 
臨時にお休みにするクラスもありますので、
 
出席予定の方は
 
事前に、メールか電話でお問い合わせくださいませ。
 
 
いつも通り flagトヨタゴルフでお待ちしてまーす。happy01
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

酷暑です 熱中症に注意!!

これまで経験したことのない災害が起き、どのようにコメントしてよいのか戸惑うばかりです。
 
経験したことがないことが起きるわけですからcoldsweats02、自分の知恵をフル動員し、自分の命を守ることを最優先にして即座に行動しなければ、間に合わないことがあるということでしょうか・・・
 
さて、この夏はsun酷暑になりそうですsweat01
 
 
直射日光を浴びるsun、炎天下で頑張るrun、朝食を抜いたけど大丈夫だろう・・・
 
汗をかくのが嫌なので水を飲まないでおこう、
 
昼はアルコールで水分補給だ・・・
 
 
そのすべての行動は、脱水を引き起こし、熱中症になるのは確実ですshock
 
スポーツドリンクなどで水分を十分に取り、
 
適度に休憩を取り、風通しの良い日陰に入り、日傘をさす など
 
自分の命を守る行動をとりましょう。coldsweats01
 
 
だからといって、冷房の効き過ぎた所でジッとしているのも体に悪いそうです。shock
 
ゴルフの練習で、1時間だけ汗かいてsweat01リフレッシュするのが良いですよ。happy01
 
 
■レッスンの休校のお知らせflag
 
・7月17日(火) 個人レッスン
 
・7月27日(金) 個人レッスン
 
・7月31日(火) 個人レッスン
 
・8月1日(水) 午前のクラス 個人レッスン
 
・8月2日(木) 午前のクラス 個人レッスン
 
 
頑張り過ぎないgolfレッスンで頑張りましょうhappy01
 
flagトヨタゴルフでお待ちしてます。

| | コメント (0)

2018年6月 8日 (金)

梅雨の時期に入ったようですね

晴れていればsun日差しが強くて暑いし、cloud曇っていれば蒸し暑く、
 
雨の日はrainジメジメとしていて、
 
体調管理には気を付けないといけませんね。coldsweats01
 
こういう季節に元気になるのがflag芝生です。
 
とくに、ラフに使われている野芝は水分を含むと
 
スゴく run元気になりますね。coldsweats02
 
はい、だからこれからの季節はフェアウェイをキープするgolfcoldsweats01
 
ショットが大事になりますね。
 
もしラフに捕まったら、golf脱出最優先ですよ。
 
次のショットが確実に芝を短く刈り込んだ場所に行くように狙いをつけて
 
短いクラブで距離を欲張らず、方向性重視できっちり刻みましょう。
 
レイアップですね。
 
一旦刻んで次のショットで勝負をかけるのです。
 
作戦を考え、適切なクラブ選択をすることは、
 
スコアを崩さない大切なポイントですよ。
 
 
 
■レッスンのお休みのお知らせ
 
・6月14日(木)の午前のクラスと、午後の個人レッスンはお休みです。
 
 夜のクラスは いつも通り 行います。
 
 
その他は変更ありません。
 
トヨタゴルフでお待ちしておりまーす。happy01
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

2019年から大幅にゴルフルールが変わる!その7

R&AUSGAは2018年3月12日(月)付けで
 
2019年1月1日から施行される近代化したゴルフ規則を正式に発表しました。
 
和訳資料をgolfJGA日本ゴルフ協会のサイトから引用しました。
 
皆さんも一度はflag新ゴルフルールに関する資料に目を通しておきましょう。 happy01
 
・新しいゴルフ規則 : 図説はこちら 
  
・主な規則変更の簡単な解説(JGA版)はこちら 
 
・ビデオクリップ(日本語字幕facebookサイト)こちら
 
 
さて、詳しく変更点を知りたい人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

2018年5月 2日 (水)

2019年から大幅にゴルフルールが変わる!その6

救済エリアを計測するクラブgolf
 
規則に基づいて救済を受けるとき、救済エリアを決定する必要があります。
 
救済の基点から1クラブレングスgolfや 2クラブレングスgolf
救済エリアを計測する場合に使用するクラブは、
 
プレーヤーがそのラウンドのために持ち運んでいる最も長いクラブ(パターを除く)となります。
したがって状況によってクラブレングスを変えることはできません。
 
 
球を動かしたことの罰の免除
 
新しい規則では
次の場合に球を動かしたことの罰が免除されます。
 
・ 球を探しているときに自分の球を動かした場合
 
・ パッティンググリーン上で偶然に球を動かした場合
 
・ 規則に基づいてマークするとき、球を拾い上げるとき、
  球をもとの位置に戻す(リプレースする)ときに球を
  動かしてしまった場合
 
 
※ グリーン上で、球にアドレスしようと近づいたとき、どういうことが原因で球が動いたのかが しばしば問題になっていました。
 
どのような状況ならばリプレースし、どのような状況の時に
あるがままプレー続行なのか、罰打は無いのか あるのか 解釈が複雑coldsweats02でしたが、
 
新しい規則では これらをシンプルに対処できるようになっています。
 
・ マークして拾い上げて リプレースした球がその後動いたとき、
  何が原因でも元に戻す
 
・ 拾い上げていない球が動いたら あるがまま でプレー続行。
 
 
例えば、
グリーン上で、マークして拾い上げた球をリプレースしたとき、
typhoon強風が原因で動いても、罰はなく、プレースした元の位置に
戻すことになります。
 
マークして拾い上げることなく止まっていた球がtyphoon突風で
動いた場合、罰はなく、止まるまで待ち、止まった場所から
あるがままでプレー続行ということになります。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年5月 1日 (火)

2019年から大幅にゴルフルールが変わる!その5

flagグリーン上のルールと、グリーン周辺のルールが変わります。
 
キャディーはパッティンググリーン上の球をマークして拾い上げることができます
 
現在の規則では、キャディーであってもプレーヤーの球を拾い上げる場合はその都度承認が必要です。
 
新しい規則では、パッティンググリーンの球に限っては、キャディーがプレーヤーの承認を得なくてもマークして拾い上げることができます。happy01
 
 
準備ができているプレーヤーからプレーを進める
 レディー・ゴルフgolf
 
現在の規則では、遠方先打の原則に従って、ホールから遠い人が先にプレーを進めることが原則です。
 
グリーン外のホールに近い球と、グリーン上のホールから遠い球とでは、どちらが先に打つかは、順番を、互いに確認し合うことが求められていましたが、
 
新しい規則では、準備ができているプレーヤーから先にプレーを進めていくことを推奨しています。
 
プレー時間の短縮に有効であるという見解です。
 
 
旗竿を立てたままパットすることができます
 
パッティンググリーンからパットするときに旗竿を立てたままパットすることができます。
 
もし、パットした球がホールに立てられているその旗竿に当たっても罰はなく、球はあるがままにプレーします(ホールインが認められる)。
 
この規則によって、ロングパットの際に誰かが旗竿に付き添ってくれるのを待つ時間を節約することができるでしょう。
 
 
パッティンググリーン上のプレーの線に触れただけでは罰はありません
 
パットをするときに、そのプレーの線上のグリーン面に触れただけでは罰はありません
 
例えば、キャディーさんが狙い目を指で触れることも違反ではありません
 
ただし、改善をしたという事実があれば罰(ストロークプレーでは2罰打)を受けることになります。
 
 
パッティンググリーン上の損傷個所を修復できます
 
現在の規則では、ボールの落下によってできた窪み、古いカップの埋め戻した跡などを限定的に修復することが認められていて、スパイクによる損傷などを修復することは認められていませんでした。
 
新規則では、ここが大きく変わります。happy01
 
パッティンググリーンの損傷個所(人、動物、乗り物などによって作られたもの)を修復することができます
 
例えば、プレーの線上にあるスパイクマークを修理することができます
 
ただし、自然にくぼんでいるところを平らにすることはできません。 
 
グリーンの状態を保つためのエアレーションの穴は修復できませんから、注意が必要です。coldsweats01
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年4月23日 (月)

2019年から大幅にゴルフルールが変わる!その4

バンカーのルールが いくつか変わりますcoldsweats01
 
バンカーにおける基本ルールは ハザードですから 
プレーヤーには厳しく、できるだけ あるがままのプレーを
するようにプレーヤーに要求しています。
 
バンカーでは、ストロークの前にクラブを地面に
つけることができません。 (これからも変わりません
 
■変更されるのは、ルースインペディメントの扱いです。
 
現行では
ルースインペディメント(木の葉、小枝、石などの自然物)
バンカー内の球のすぐそばにあってスイングの邪魔に
なる場合でも、取り除くことができませんし、
バックスイングの際に触れることも許されていません。
 
触れた場合は2ペナルティーcryingというもので、
バンカーショットとば別の緊張感を強いられていました、が、
 
2019年から、
球がバンカー内にある場合、ルースインペディメントを
罰なしに取り除くことができる と改訂されます。happy01
 
 
バンカーで2罰打を加えたら、バンカー外にドロップできる
 
バンカーの苦手な人には朗報かもしれません。happy01
 
バンカーに球があるときに、アンプレアブルで1罰打の
救済を受ける場合、球が止まっていた場所の後方線か、
または、ホールに近づかない2クラブレングスの範囲内で
かつバンカー内にドロップ です。
 
2019年の改定後は
アンプレアブルの追加の選択肢として、
 
2打の罰を加えれば、球とホールを結ぶ線上でバンカーの
後方の外側にドロップすることができます
 
バンカーで無駄に大叩きしして、時間とスコアを増やすより
合理的な選択肢になりそうですね。happy01
 
 
 
 
次回はパッティンググリーンの予定です。
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

2019年から大幅にゴルフルールが変わる!その3

現行のゴルフルールでは、wave池や川を、「ウォーターハザード」と
「ラテラルウォーターハザード」とに分けられていましたが、
 
今回の改定で大幅に変わります。
 
 
■「ペナルティーエリアの概念が新設されます。(後述)
 
救済を受けるときの処置の方法も変わります。
 
 
救済を受けるときにマーカーに告げる必要はありません
 
現在の規則では救済措置をする場合dangergolf
マーカーに告げることを求めているものがありますが、
 
2019年の改定後はその必要はありません。
 
これは、プレーヤーの誠実さを信頼するというゴルフゲームの
原則を尊重するということです。
 
なお、暫定球をプレーする場合は、これまで通り
 
暫定球をプレーします」と告げなければなりません。
 
 
救済を受けるときは、いつでも球を取り替えることができます
 
現在の規則では、罰なしの救済(例えばカート道路からの救済)
では、球を取り替えることはできません。
 
新しい規則では、罰あり罰なしに関係なく救済規則に基づいて
 
拾い上げた球は別の球に取り替えることができますhappy01
 
 
ウォーターハザードは「ペナルティーエリア」という新しい概念に変わります
 
現在のウォーターハザードは水域だけを設定できます。
 
新しいペナルティーエリアは水域だけでなく、委員会が
1打の罰で救済を認めたい区域に設定することができます。
 
例えば、ブッシュや崖、球を見つけることや打つことが困難な
雑木林などをペナルティーエリアとして設定することができます。
 
救済措置は原則として現在のラテラルウォーターハザードと同じ
ですが、対岸の措置を使うことはできません。
 
実際の処置は、
球がペナルティーエリアの境界線を最後に横切った地点を
起点(最終通過点)にし、
 
ホールとその起点を結んだペナルティーエリアの後方線上に
ドロップする。
 
または、ホールに近づかないで起点から2クラブレングス以内
ペナルティーエリアの外にドロップする。
 
 
ペナルティーエリアでは、クラブを地面につけることができます
 
ペナルティーエリアにある球を あるがままにプレーする場合、
クラブを地面につけることができます
 
ルースインペディメントを取り除くこともできます
 
つまり、ジェネラルエリアと同じ規則でプレーすることができます。
 
 
これは大幅な変更点ですね。happy01
 
小枝や葉っぱを取り除けるし、クラブを地面につけて構えられる
ので、ショットの難易度が軽減され、不必要な緊張も減り、
 
プレーの進行も早められるでしょう。(多分happy01
 
 
 
次回はバンカーについての予定です。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年4月20日 (金)

GW期間中のゴルフレッスンについて

4月26日(木)の午前中のレッスンと個人レッスンはお休みです。
 
 夜のクラスは行います。
 
 
4月27日(金)の個人レッスンはお休みです。
 
 夜のクラスは行います。
 
 
4月28日(土)は いつも通りレッスンを行います。
 
 
4月30日(月)は 朝のレッスンと 午後の個人レッスンを行います。
 
 
5月1日(火)~5月4日(金)は いつも通りのレッスンを行います。
 
 
5月5日(土) 朝のクラスはいつも通りレッスンを行います。
 
 昼の個人レッスンはお休みです。
 
 夜のレッスンはお休みです。
 
 
 
 
なお、ゴールデンウィーク期間中、トヨタゴルフでは恒例の
 
カラーボール大会を開催しています。happy01
 
 
4月26日(木)~29日(日)は 第59回 中日クラウンズ 
 
今年は先週米国ツアーで初優勝した小平選手をはじめ、
 
昨年覇者の宮里優作選手、新選手会長になって戻ってきた
 
石川遼選手が出場するなど、話題の多い大会になりそうですね。
 
私は地元出身選手をしっかりと応援したいと思います。
 
 
男子プロのすごいショットheart01と、魔法のようなショートゲームshine
 
芸術的なパッティングsign03heart04を見てみたいですね。happy01
 
 
 
 

| | コメント (0)

2019年から大幅にゴルフルールが変わる!その2

ゴルフ規則が大幅に簡素化されることはご存知だと思いますが、
 
その中身は まだよくわからないという方も多いと思います。
 
 
そこで今回は、ドロップについてです。
 
その前に、flagゴルフプレーの大原則は何でしょう?
 
特に、ほかのスポーツと明らかに違う点は
 
競技中は 原則として審判員が立ち会わない runという点です。
 
 
ゴルフのプレーヤーは、
 
そもそも故意に不正を犯したり、ずるいことをしたり、
 
他のプレーヤーの邪魔をしたりすることがない誠実で
 
善良な人々であるheart04 ということを前提にして成り立っています。
 
 
今回のルール改定でドロップにおいても、
 
救済を受ける場合の処置の方法も、かなり簡素化されているのですが、
 
ルールの適用をゆるくする という意味ではありません。
 
 
むしろ、eye他者の監視の下ではなく、自己の責任において
 
誠実にプレーを進めることを強くプレーヤーに求めるものになっています。
 
 
 
それではドロップの方法についてです。
 
 
現在の規則は肩の高さからドロップしますが、
 
新しい規則では膝の高さからドロップすることになります。denimupdown
 
 
低い位置からドロップすることで、救済エリアの中に球を止めやすくなります。
 
救済エリアの外に転がり出て、再ドロップなどの さらなる処置を
 
避けることで、時間短縮に有効であるという見解です。
 
 
罰なしの救済(例えばカート道路からの救済)であっても、
 
罰ありの救済であっても、膝の高さからドロップした球は、
 
必ず最初に地面に落下させることが原則です。
 
 
地面に落下するより前に自分の体に触れてしまった場合は再ドロップです。
 
 
ただし偶然に球に触れてしまってもペナルティーはありません。
 
 
球が地面に落下後
 
偶然に弾んで体に触れてしまった場合もペナルティーはありません
 
球が救済エリアの中に止まった場合はインプレーとなり、
 
そこからあるがままにプレー続行となります。
 
 
救済エリアの外に出てしまった場合は再ドロップとなります。
 
 
ドロップした球がエリア内に止まったらインプレー
エリア外に出てしまったら再ドロップと覚えておくとよいでしょう。happy01
 
 
新ルールでは、どれくらい転がってしまったか などは問題ではなく、
 
エリア内に球が止まったか 外に出てしまったか が問題になります。
 
 
 
次回は 救済エリアについてです。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

«ゴルフルールが大幅に変わる!2019年から その1